乾燥肌の改善を目指す食事について

皮脂の分泌や角質層の水分、天然保湿因子の量が減少してしまうことで、皮膚の表面が乾いてしまった状態が乾燥肌です。
毛穴 エステ

これらの原因を予防するための栄養成分を積極的に摂取することで乾燥肌を改善することが出来るのです。一般的に肌に良いと考えられている栄養素の中、特に乾燥肌の改善に効果的なのがビタミンA・B・C・E、セラミド、αリノレン酸、亜鉛です。

レバーやうなぎ、穴子、鯖などの青魚に多く含まれているのがビタミンAです。

皮膚や粘膜の潤いを維持する働きがあります。豚肉やレバー、大豆製品に多く含まれているのがビタミンBです。肌の乾燥を原因とする炎症を抑える働きがあります。パプリカやレモンなどに多く含まれているのがビタミンCです。乾燥肌の方に不足しがちな傾向にあるコラーゲンの生成を促進します。抗酸化作用、肌の老化を引き起こす過酸化脂質の分解に優れているのがビタミンEです。ごまやアーモンドなどに多く含まれています。

これらビタミン類には毛細血管の血行を促進する作用もあるため、肌の新陳代謝を上げる効果もあります。このことからも、乾燥肌改善に一役かってくれることでしょう。

こんにゃくやしらたきに含まれているのがセラミドです。皮膚の角質層に存在する脂質で、保湿のためには欠かせない物質です。肌細胞の働きをサポートするのがαリノレン酸や亜鉛で、亜麻仁油やエゴマ油が代表的です。どれを見ても身近で手軽に入手できる食材ばかりです。乾燥肌の改善を目指す食事をするのは難しいことではないのです。